2017 / 05
≪ 2017 / 04 - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - 2017 / 06 ≫

こんにちは♪

今回の満月の浄化は強力だけど、優しくて、私の中で意識のシフトがありました。
それは、まるでミルフィーユのように薄いベールがいくつも重なっているのを何枚か取り去ってくれたようでした。視界が明るく心も軽く、重いと思っていなかったけれど、軽く感じたということは、今よりも重かったということ。ますます軽やかに軽やかに、いつかは飛んでしまうのかも!?

さて、ジャッジというと いつも頭の中に「ジャッジメントデイ」という言葉が浮かんできます。

ジャッジメントデイ=審判の日。
映画「ターミネーター2」で出てくるんです。
あの映画では、人類はあんまりよくない方へ行くんだけどね。その日が審判の日「ジャッジメントデイ」

ある意味 昔から映画って警鐘を鳴らしたり、真実を伝えてくれてたりしますね。
ただの娯楽じゃないんだよね。

そんな映画が大好きで 私はセミナーなんかでよく映画の話するんだけど
知ってる人がほとんどいなくて 女子って映画見ないんだな〜って最近よく感じています。

こうやって いつも話がそれちゃうんだけど
スピリチュアル本なんかでも 「ジャッジしてはいけません」って書いてあります。

これはね、ジャッジする心があるのに それを押し込めるって事ではないんです。
それは 真逆の事やっちゃってる。
でも、やっちゃうよね。ジャッジしている私はダメなんだわ!私がダメだからジャッジしてしまうんだわ!なんて。

でもさ、人間だもの。
ジャッジしてまうやろ〜!!

この言葉の本当の意味。
というか、初心者さんがやるべき事は 自分をジャッジしないって事。

スピリチュアルに興味を持つ人は、ある意味とても真面目で、修行好き。自分では思ってないけど、自ら苦労をしちゃうタイプ。だから何かあると 自分を責めちゃう。

でも、それが必要ないってことなの。

あなたは自分自身にさえジャッジされるような人じゃない。
あなたの中の素晴らしさを見つけて欲しいという高次の存在からのメッセージ。

ジャッジしてしまうと、真実が見えない。
だから、あなたの好き、ワクワクすることをして、意識をジャッジするというところから別のところへ変化させることで真実が見えてくるということ。

そして、初心者から抜け出すと
周りの人々は自分の鏡だということに 自分の力で気づけるようになる。

周りの人は、自分のことをお知らせしてくれるに過ぎない存在だから。
周りを否定することは、自分をジャッジすることを同じということになるんですよね。

まずは、自分を否定している自分に気づくことが大切。
それに気づけば 否定しない自分を創造する始まりですよ


みどり

ゼロからはじめるスピリチュアル
<感じる>を育てて、ミエナイを体験する
・:,。゚・:,。☆アロマアリス☆:,。゚・:,
ゼロから始めた私の10数年をお教えします

 
関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みどり

Author:みどり
ゼロからはじめるスピリチュアル <感じる>を育てて、ミエナイを体験する。スピリチュアルをゼロから学ぶスクール。横浜大倉山

openclose