2017 / 04
≪ 2017 / 03 - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - - 2017 / 05 ≫

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢神宮2日目。今日は昨日よりも8度も気温が低い予報。
まずは、バスに乗って倭姫宮に。私も初めてなんだけど、倭姫宮が何故かHさんに縁がある気がして、来ることを決めた。が、朝目覚めたら、最初の伊勢のときに旦那と来た事を思い出した!
バスを下車するのは徴古館前。だけど、その前の皇學館前で、徴古館の看板を見せられて、発作的にボタンを押してしまった! 押してから、「ヤバイ。間違えた!」と思ったけど、降りてみたら、ちょうどよかった。サイン見逃さなくて正解‼️
倭姫宮に着くと以前来たことをありありと思い出す。
第11代垂仁天皇の第4皇女の倭姫命。天照をお祀りするのを日本中を転々として、最終的に伊勢に連れてきた姫。ここはかなり大きな敷地で結構奥まで歩く。
参拝客もほとんどいない。
IMG_3932.jpg
こんな光の綺麗な写真を撮れたことなんてないんだけど、Hさんと一緒にいるからか美しい写真が沢山取れました。
伊勢神宮は、125社全てで伊勢神宮。ほとんどの人は外宮と内宮だけで終わらせてしまうけど、別宮もみんな素晴らしい場所です。何故か1回目の時に別宮を沢山回ったのだけれど、125社には程遠い。摂社、末社、所管社など大きさが様々で、私たちが生活しているすぐ隣に神社があって本当に神と共に生活している感じ。本来の日本人はこんな民族だよね。
Hさんも何十回と伊勢に来ているそうだけど、別宮の事は知らなかったらしい。うん。伊勢神宮さん、もっとアピールしましょう!
倭姫宮に手を合わせると、またまた感情が先に訪れる。感情は嘘をつけない。涙が止まらない。分かるのは、感動なんかではないということ。
落ち着いてから、理由に意識を合わせる。
倭姫命からの言葉は、厳しい物でした。
これは、覚えておかないて!とメッセージをメモる。
「我らの願いはこの国の平和。そのための伊勢ぞ。その願いのために働け」
(倭姫命も言葉によるチャネリングはしなかった。だからこの言葉のニュアンスの中には、近頃、伊勢神宮を利用している輩がいるが、それは由々しきことみたいな感じがありました。)
泣いている私を見て、Hさんは感動してるんだっと思っているようだったからメモしたものを見せると、Hさん驚きのあまり凍りつく。
そう!神様は時に優しいがもちろん怒ったりもする。その荒々しい神を荒御魂と言うんだけれど、瀬織津姫は龍神。水の力で浄化をする神。人間がまだ弱かった時、それは神と言うよりも、鬼や悪魔のように見えたかもしれないね。怖すぎて。人は自分がどう感じるかで物事を見る。天使を悪魔に見ることも。自分の家族の魂を迎えに来た存在を死神だと思うのは、それだけ別れが辛いからかもしれないね。
人間は、神を完璧だと思っている。もちろん完璧だけれどその完璧の意味が違う。神様は、人間を神に似せて創られた。笑うことも、泣くことも、怒ることも出来る。それを否定なんてしないで。それは、不完全なんかじゃない。それらすべてギフトがだから。
倭姫宮をあとにして、次は伊雑宮。伊雑宮にはある秘密があり、その秘密が公にされるようになったら、今の伊勢神宮のツートップからスリートップになると言われている。(3は始まりの数字。だから、日本に最初に現れた神も3人。)今はただの別宮、しかもかなりの格下としての扱い。でも、日本が始まっちゃあ困るから 隠されていたわけなのですよね~。
伊雑宮は、内宮のある宇治山田駅からの電車で45分。なんと無人駅!改札もない!
あたりには、何にもない。
とりあえずご飯と探すも、休業中。
検索で、もう一軒出てきたお店に向かう途中、伊勢神宮に奉納するお米を育てている御料田があった。この御料田は、6月に御田植え式が行われるそうで、香取神宮、住吉大社と併せて日本三大御田植祭に数えられるんだって!
風の通る気持ちの良い場所でした。歩いていると、あるお店を発見。ご飯食べられるならココ入ろう!と入りました。
すると、レジ前に伊雑米と書いてお米が売っている。これは奉納するお米に違いない!(だって田んぼがあったもん!)と送ってもらえるか聞いたら、OK。しかも安い。10キロ買っちゃいました。
神様と同じお米が家でも食べられるーと喜んでいたら、奥さんが干支はなんですか?と。(私)牛と(Hさん)鶏ですと言ったら、ご主人が伊勢神宮に奉納する一刀彫りがあるから、差し上げますね!と。
思わず2人で、「え!」
なんと私たちの干支を探して持ってきてくれました。
ushi.jpg
お会計の帰り際、奥様が伊澤さんの別宮で佐美長神社というのが5分くらいの所にあるんですよと教えてくれました。倭姫宮のなんとかと教えてくれて、今回の旅は倭姫命の旅?なんだ!
伊雑宮のお参りが済んだら、行こうと、まずは伊雑宮に向かう。
思ったよりも全然小さい。隠されているから、ちょうど良い? ここは社祠が六芒星なのです。元伊勢というのは結構あるらしいが本伊勢というところは、この伊雑宮と京都の籠神社(このじんじゃ)しかないそうです。前から籠神社に行ってみたいと思っているんだけど、京都と言っても、日本海の方。確か天橋立の方なんです。なので、遠い~!いつか行けたらいいな~。
続き
みどり

ゼロからはじめるスピリチュアル
<感じる>を育てて、ミエナイを体験する
・:,。゚・:,。☆アロマアリス☆:,。゚・:,
ゼロから始めた私の10数年をお教えします


関連記事
スポンサーサイト

この記事へコメントする















みどり

Author:みどり
ゼロからはじめるスピリチュアル <感じる>を育てて、ミエナイを体験する。スピリチュアルをゼロから学ぶスクール。横浜大倉山

openclose

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。